スタンプカード・紙袋・名刺などの印刷は大阪のプリントお助け隊「ベスト」

全面単色印刷紙袋を安くつくるには? /カミブクロさん


16032201

全体的に色がついた紙袋は華やかで、

遠目に見ても、どこの紙袋かわかる

インパクトもあります。

 

ただ、全面に色をつける場合、

ムラが出ないよう2回印刷(色によっては1回印刷)

色移り防止のニス

など、作業が増えますので、

お値段が大きく上がってしまう場合がございます。

 

では、少しでも価格を抑えたい場合、

どうしたらいいのか?

 

詳細は「続きを読む」より

 

=============================

 

「すでに着色済みの紙」で紙袋を作れば良いのです。

例:コニーラップなど

そうすれば、お値段を若干ではありますが、

抑えることができます。

 

白い紙+ベタ印刷(2回刷り)+ニス

色付きの紙+1色通常印刷

 

着色済みの紙ですので、印刷をしなくても

内側まで色があるので、

かっこいい仕上がりにになります。

 

もし仕様を変更して予算があるのでしたら、

底ダンボールにも着色をして、

内側を全て色ありにするのもかっこいいです。

 

============================

 

ただ、例えば

黒色の紙にうすいピンクを印刷する など、

濃い用紙にうすい色を印刷する場合は、

紙の色に影響されて、

綺麗に印刷が出ない可能性がございます。

 

また、サイズによりましては、

ベタ印刷を行った方がお安くなりますので、

スタッフからご案内させていただきます。

 

予算などがございます場合は、

ご希望に添えないこともございますが、

お気軽にご相談ください!

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です